教育について

中学受験をするときには夏休みはスケジュールを組む

中学受験をするときには小学6年生の夏休みは長期に休める最後のチャンスです。
長居夏休みに学習効果を高めるために必要な夏休みにやるべきことがあります。
夏休みは学校がないため勉強する時間はたっぷりありますが、朝の起床からやるべきことをきちんと決めておかないとすぐに時間が過ぎてしまいます。
きちんと一日のスケジュールを決めておくことがポイントとなります。
朝何時に起床し、何時に就寝するかという基本の生活の流れから、どの時間にどの学習を行うかをしっかりと計画をしておきます。
スケジュールは無理に詰め込みすぎてしまうと続きません。
一日のスケジュールを立てたら、日割りのスケジュールを組みます。
塾の予定などは塾でスケジュールを組んでくれていますので、スケジュール表に予定を書き込んでいき、さらに勉強時間はどれぐらい作ることができるかそして自由時間などはどれぐらい作るかを振り分けていきます。
勉強だけでなく家族との時間なども必要です。
計画表を家族で話し合いながら無理ないスケジュールを組んでいきます。
無理に詰め込み過ぎずに予備日なども設けておくとスケジュールの誤差ができても調整することができます。

Copyright(c) 教育 All Rights Reserved.